Beauty&Health

マルティナ成分|ドイツ発オーガニック化粧品マルティナの成分を『毒性判定辞典』でチェック

マルティナの成分を『化粧品毒性判定辞典』という成分辞典でチェックしてみました。

このページでは、

  • マルティナの成分
  • マルティナ愛用レビュー

を紹介します。

マルティナ成分

『化粧品毒性判定辞典』について

この辞典は自分で化粧品の成分を判断できる辞典です。

下記のように成分の毒性度を区分けしています。

  • ■…毒性がある成分。数によって毒性度が異なる。
  • △…シミや人体に影響する可能性をもつ成分。2、3個で■1個。
  • 洗顔化粧品■4個以上は不可。
  • 化粧水■4個以上は不可。
  • 乳液、クリーム■5~6個以上は不可。

(参考:小澤王春『自分で調べて採点できる化粧品毒性判定事典』

化粧品を保存、乳化するためにはどうしても毒性のある■の成分が入ります。

■の成分がないものを使いたいなら、手作りするしかありません。

でもすぐ使い切らないといけなくて大変、作るのも面倒。

■の成分も上記の許容範囲内であれば、問題ありません。

マルティナの成分チェック

では早速マルティナの成分を『化粧品毒性判定辞典』の基準で見ていきます。

ここではローズシリーズを元に成分チェックしました。

ローズクレンジングミルク(洗顔)

水、オリーブ果実油**、ダマスクバラ花エキス**、ハイビスカス花エキス**、ハマメリス花水**、セイヨウニワトコエキス**、セタノール(ココナッツ油、オリーブ油由来)、セテアリルアルコール(ココナッツ油由来)、セテアリル硫酸Na(パーム油またはココナッツ油由来)(■■)、香料*(エッセンシャルオイル) (■)

*はBio、**はdemeter 認定

合計…■3個

クレンジングミルクの■合計は、3個と何とも素晴らしい結果です。

洗顔化粧品■4個以上は不可なので、基準内です。

ローズフェイシャルローション(化粧水)

水、エタノール**(ライ麦由来)(△)、ダマスクバラ花エキス**、カニナバラ果実エキス*、ハイビスカス花エキス**、ハマメリス花水**、香料**(エッセンシャルオイル) (■)

*はBio、**はdemeter 認定

合計…■1個、△1個

こちらも素晴らしい結果です。

化粧水■4個以上は不可なので、基準内です。

Coco

成分表がこんなシンプルな化粧水を見たことありません。

ローズモイスチャーミルク(乳液)

水、オリーブ果実油**、アーモンド油**、シア脂*、カカオ脂**、ダマスクバラ花エキス**、ハイビスカス花エキス**、セイヨウニワトコエキス**、セタノール(ココナッツ油、オリーブ油由来)、セテアリルアルコール(ココナッツ油由来)、セテアリル硫酸Na(パーム油またはココナッツ油由来)(■■)、香料*(エッセンシャルオイル)(■)

*はBio、**はdemeter 認定

合計…■3個

乳液、クリーム■5~6個以上は不可なので、乳液も基準内です。

特に乳液、クリーム類は乳化させるために、界面活性剤がたくさん入りがちです■が20個以上も普通にたくさんあります。

しかしマルティナはこれだけ!なんて安心~

ローズクリーム(フェイス用クリーム)

水、オリーブ果実油**、ヒマワリ種子油**、アボカド油*、ラノリン(ウールワックス)、カニナバラ果実油*、シア脂*、ミツロウ**、カカオ脂**、ダマスクバラ花エキス**、ハイビスカス花エキス**、セイヨウニワトコエキス**、トコフェロール(ヒマワリ油由来)、香料*(エッセンシャルオイル) (■)

*はBio、**はdemeter 認定

合計…■1個

なんとこちらは■1個です。

どうやって乳化しているのでしょう?!辞典によるとミツロウの用途が「油剤、乳化安定剤、結合剤」となっているのでミツロウの可能性が高そうです。

とにかく成分が良いことには変わりありません。

マルティナ愛用レビュー

私は

  • シアーナクレンジングミルク(洗顔)
  • シアーナフェイシャルローション(化粧水)
  • ローズモイスチャーミルク(乳液)
  • ローズクリーム

を使用しています。

シアーナフェイシャルローションの成分は下記です。

水、セイヨウニワトコ花水**、ダマスクバラ花水**

**はdemeter 認定

シアーナの化粧水はローズシリーズより更にシンプルで、エタノール(△)も入っていません。

Coco

敏感肌なのでこれを長年愛用しています。

敏感肌ですが、マルティナは成分がいいので安心して使うことができます。

全部自然のいい香りがして、使い心地もいいです。

デメリットは容器が重いくらいです。

陶器に入っているので、高級感はあるのですが重めです。

旅行の時に少し困りますが、マルティナ以外使いたくないので100均の容器に入れ替えたり、重いけどそのまま持っていったりします。

他の化粧品もよく『化粧品毒性判定辞典』で調べますが、もう■の数の桁が違います。

そもそも成分が多すぎです。

シンプルで、肌に良いものだけを使っているマルティナ。

この化粧品に出会えてホントによかった~!

マルティナ成分まとめ

以上、ドイツ発オーガニック化粧品マルティナの成分についてでした。

マルティナなら安心して使うことができますね。

日本ではコスメキッチンなどの店舗で購入できますが、結構高いです。

お得に買うならコスメデネット一択です。

コスメデネット安い

コスメデネットなら日本の1本分の値段で、2本買うことができます。

  • ドイツの値段
  • 日本の公式価格
  • コスメデネットの値段

をこちらのページでまとめています↓

【マルティナ】ドイツの値段|オーガニック化粧品Martinaのドイツでの現地価格を調べました ドイツ発オーガニック化粧品Martina(マルティナ)。 demeter(デメター)認証マークを有する本物のオーガニック化粧品で...

コスメデネットについてはこちらです↓

コスメデネットとは|安い理由、ポイントゲットの方法、お得な日、利用しない方がいい人を徹底解明 コスメデネットを利用してみたいけどちょっと心配コスメデネットのことを知りたい このページでは、 コスメデネットとは...

眉ティントの毒性チェックしてみたら案の定よくありませんでした^^;↓

【フジコ眉ティント・レビュー】成分を『毒性判定辞典』でチェック/メイク時短・在宅ワーク・オンライン習い事にも活躍メイクが楽になる眉ティント。 眉ティントでメイクが楽になるのは良いなと思ってたんですけど、 お肌にあんまり良くない気...